ブログトップ > 雑煮特集 > 雑煮で泣く。

雑煮で泣く。




alpenkatze家
alpen_20120115025433.jpg 
1ドイツ 2九州(佐賀?)出身 3丸餅を焼く 4すまし?スルメと昆布の出汁 
5ほうれん草、小豆(砂糖は入れずに煮る)、蒲鉾(このときは野菜の入ったつみれ)
だし(出汁をひいたスルメ入り)を注いで、
砂糖(このときはグラニュー糖:本当は上白糖)をかける

alpenサンによると、ゆで小豆を入れる地域は出雲の方にもあるそうです。
また、alpenサンのふるさとは、対馬藩の飛び地だったそうですが、
対馬ではうずら豆を入れるのだそうで、関係あるのかしら?って。

昨日、日本の友だちとSkypeで話してたんだけど、彼女が言うには、
地方色というものがくっきりとなってきたのは、江戸時代で、
人が簡単に行き来できない関所が設けらたことが大きな理由であったのだとか。
なるほど、ということは県単位で考えずに、
藩で考えた方が、お雑煮の分布はわかりやすいのか・・・?


ところで、このお雑煮大会のきっかけになったのは
REIさん「はば雑煮」用の買い物の記事なのだけど、
それ以来、お雑煮の話題になるたびに、alpenさんがお雑煮を食べたがってらして、
それがもう、なんとも懐かしそうで、もうずいぶん食べていなくて、
ホントにホントに食べたくってしかたない・・・って様子がよくわかって、
なんていうか、同じように海外に住む者として、せつない気持ちになるものだったの。

しかも、これよ!?

おわんに小豆(砂糖なし)を入れて、だしを注いで、砂糖(上白糖)をかける。
alpen家1 
具を後から追加できるように並べておく

どうです!!

替え玉文化ここにあり!!!

ラーメンの替え玉って九州発だけど、
発端はここにあるのかしら?って考えちゃう風景でしょ?

珍しいお雑煮トップ10入り確実。

ああ・・・これ、見たかったの!!!

作ってくれて本当にうれしいです。

お雑煮企画を見ながらも、作る気はなさそうだったalpenさん
だってスルメだもの・・・しょんぼり
今度はお正月に九州に帰りたいっておっしゃってて、
なんと罪な企画だこと・・・って思っちゃったりしましたが、

神様のお計らいでしょうか、そんなalpenさんの元に、
お友だちからスルメやお餅が届いたのですって^^
持つべきものは友!!!!
ついに、小豆やその他、材料を揃えて、ここに至ったのです。

alpenさんの記事、読んでて本気で泣いちゃいました

海外にいると、なかなか思うような材料は手に入らないし、
水だって違うし、同じ野菜でも味が思うものではなかったり、
毎日の料理そのものが苦痛になること、あるのよね。
もうどうでもいいよって・・・投げやりな気持ちになることも。
まして、alpenさんのご主人はドイツ人。
高い材料を買って自分だけのために作るのがいやになるの、よくわかります。
食べ物って、猛烈に食べたくても、食べたら消えてなくなっちゃうんですよね。
毎日使う道具とか、長く残る形あるものではないのです。

どれほど労力をかけても、たった1回食べて味わうだけのもの。

でも、

だからこそ、

食べたい!!!

味の記憶ってすごい。

富士山見て泣くのと変わりなく雑煮で泣けるよ。

alpenさん、これは、
今年のお雑煮大特集のトリを飾るにふさわしい、素晴らしいお雑煮です!!

本当にありがとうございます。

ということで、

応援してくださったみなさん、
読んでくださったみなさん、情報をよせてくださったみなさん、
ほんとうに、どうもありがとうございます。

また来年、すごいお雑煮、集まるといいな


これにて、みんなのお雑煮大特集2012終了です


長らくお付き合いありがとうございました。




 



さて


むちおさんシールをどこに貼るか悩んでいるanemone

これはanemone愛用の電子辞書 
01-14 054

出かけるときはいつもいっしょ
(真ん中に貼りたかったのだけど、字が凸凹で無理だった)
01-14 055
和英・英和・英々・広辞苑のみならず、
アメリカで買える薬の種類や、各国の日常会話や日本国憲法・・・
エトセトラエトセトラ
大変便利なワタシの相棒に貼りました。


我が家の自転車(トーさんのもワタシのも)は泥除けもなく、
フレームも細くてとても貼れないことが判明しましたの。



なので、トーさんは、
むちおさんに出張についてきてもらうことにしたようです。
01-14 065

 01-14 064 
いつも持っていく機内持ち込みサイズです。


むちステッカーも貼ろうとしていたので阻止しました。


むちこちゃん、もちっと待ってケロ。




クリック→Twitter募金
つぶやくだけで募金ができます



押してね→JWordクリック募金







今日のひとこと

ありがとー♪
アイコン


いつも、遊びに来てくださってありがとうございます。
コメントとっても嬉しいです
個別にお返事できなくてごめんなさい。




ちょっと風邪をこじらし中・・・

絶賛不義理中です。申し訳ございません。




おしてくらさーい
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ







関連記事
スポンサーサイト

コメント

風邪 大丈夫ですか?早く治ると いいですね!

お雑煮大会 楽しかったです♪うちのが 当たり前って 思ってたけど
そういえば・・・・スーパーで働いてるキムノブさんが言うには こちら地方も アナゴやハマグリや ゴージャスな食材(宮島など 牡蠣が採れる地域は牡蠣も 雑煮にいれるんですって!!!もったいない!!!) で 雑煮作るそうです。
では 来年は 広島版 ゴージャス食材に挑戦しちゃおうかな(^^)
って anemoneさんが 泣いてしまうかも(笑)

2012年01月15日(日)08時43分05秒|URL|花あじさい #-|編集Λ

alpenさんの記事も読んできて、
一杯のお雑煮にまつわるドキュメンタリーに感動したわ!
alpenさん、お雑煮が食べれてよかったねぇ;;パチパチパチ!
↓のパスタ、ラビオリの缶詰もそうだけど、
味の記憶って本当に凄い!
願わくば、美味しい記憶として、自分の舌が覚えてくれてるものを
食したいもんだわ~
(給食のラーメンは、本当に酷かった;;)

2012年01月15日(日)08時45分51秒|URL|ほんなあほな #-|編集Λ

↑え゛?給食でラーメンなんてのがあったの!??(と、つい横レス…)

いやぁ、お疲れさまでした!すんごい楽しかったです。
来年はワタクシも群馬の(実家の)雑煮、作ろうかな。
お雑煮って本当にプライベートな食べ物だから、
案外親しい間柄でもその真実?を知らなかったりして
とても興味深いものなんだなぁと思いました。
そう、故郷を離れると(国内であっても)食べられなくなるものって
ありますよね。まさにお雑煮もそれ。
大笑いしたりほろっとしたり。

トシくってくると、それこそ「育った味」が懐かしくなり
「お焼き」だの「漬けもの」だのを自然に作るようになりますよね。
”全然違う、なっちゃない”と、アッチで亡母が苦笑してることでせう。

あ、ほんとお風邪お大事にね!!!

2012年01月15日(日)09時14分52秒|URL|しまねこ #SMhuFLDY|編集Λ
間違えました。

anemoneさん、今晩は。

先日のお雑煮の記事で、私の実家の具の件で、やはり
間違いがありました。

あれは、母に電話で聞いて書いたのですが、妹に確認
した所、伊達巻ではなく鳴門巻とのことでした。

母も年なので。。

ごめんにゃさい。

alpenさんの、記事読みました。
anemoneさんもそうだけど、海外で和食を作るのって、
本当に大変なのですね。

このお雑煮特集は、色々考えもしたし、本当に素敵にゃ
特集でしたね。

anemoneさん、ありがとうございます! (^^)

2012年01月15日(日)10時45分56秒|URL|Madame Rumiko #xQ6NVbnA|編集Λ

雑煮企画、楽しませてもらいました。
知らないことがたくさんあるなぁ。
風邪、お大事に。

2012年01月15日(日)11時16分58秒|URL|myaumyau #-|編集Λ

お雑煮企画、すごく楽しかったです。
Yoshiさんのでしたが、参加もさせていただいたし。
いろんなお雑煮があるもんなんだなといい勉強になりました。
そしてアルペン猫さんの巻きは、いいお話でしたね。

↓下僕さんってほんとにすごいですよね。
そしてこっちの人ってほんとにアルデンテ知らないですよね。
レストランに食べに行っていい具合にゆでられてたことってないかも。

2012年01月15日(日)13時25分12秒|URL|まかない #-|編集Λ
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012年01月15日(日)13時49分15秒|| #|編集Λ

素晴らしい企画、ありがとうございました
なんだか日本にいる私まで泣けてしまうラスト
まさか、お雑煮でこんなに感動するなんて!!

お雑煮万歳!!

anemoneさん、お疲れ様でしたo(^-^)o

2012年01月15日(日)17時56分37秒|URL|温花 #-|編集Λ

アルペンさんのところで汁が目からでてましたものね...
いつでも作れる、(作ろうと思えば)とか、
買ってもかいやすいとか、あると
テキトウにアレンジしたり、あと
今年はもういっか、っていうふうに
なったりしますが、海外在住の今回の参加された方は、
本当に丁寧に、思いを込めて、作られてるなって
思いましたよ...
わたし、海外の言葉は一切だめだから、
そして細かいニュアンスとかを伝えられないと、
すごくストレスになるほうだから、
(日本語でもむずかしいのに)海外旅行に
いって一番つらいこと、それは「言葉」なんですよー。
むちおさん、ナイスな場所にひっついたのねー。

うちは、今乗ってる自転車、すごく使ってるけど、
しかしボロで、そのうちどうやってもだめに
なるかも、な日もそんなに遠くもないかもなので、
貼るのに躊躇しちゃって。
貧乏性ですよねー。
あーどうしよ。


かぜ、こじらせてるんですか!
お大事にーーー!!
わたしのボーコーとめんまのは、
シンクロして、そこそこ大丈夫そうです。
私のは不定期に何度もあるから、めんまのほうは
もっと大切にって思いますが...(うち、寒いから。
さっき見たら2階、4度!!ヒー。
でもめんまには専用の電気ストーブを前においてあるのです。)

2012年01月15日(日)18時47分34秒|URL|めんまねえちゃん #-|編集Λ

↑給食にラーメン???(私も気になってしまった)
また事後報告ですポテトグラタンの記事見て作りましたよ~&リンク貼っちゃいました
シャキシャキのポテトもおいしいですね~♪
お雑煮大会お疲れ様でした
海外では昔よりは手に入りやすくなってたとしても値段がネックですよね
御夫婦のお一人が日本の方では無かったらなおさら躊躇してしまうでしょうね
でもalpenさん上手く行って良かったです
鼻から出る脳みそが目からも・・・・

2012年01月15日(日)20時20分53秒|URL|ししゅうねこ #-|編集Λ

alpenさん、一杯のかけそばならぬ一杯のお雑煮。
いろんなドラマがあるのねぇ、海外で生活されてると特に。
タイの方のお雑煮も思いが詰まってたわ。

↑給食で出たのはソフト麺じゃないの??

むちお、そこに行ったんだ~
どの自転車にも貼れるわけではないもんね。
そういやマミィも貼れないって言ってたわ。
電子辞書にもぴったりサイズ。
トーさんは出張に連れてってくれるのか。嬉しいねぇ
そのスーツケースにぴったりだわ、ありがとう。
画像貰っていくね~



2012年01月15日(日)21時56分22秒|URL|むちこ #2QPJRcoE|編集Λ

子供の頃に食べたモノの味は、
心の一番深い場所で覚えてるかも。
日本を離れると、日本で普通のことが
とんでもなく困難だったりするのね。
いいお雑煮だね(*´ω`*)
普段食べてるモノにもっと感謝しなくっちゃです。
楽しい企画をありがとう(*´∀`*)

2012年01月15日(日)22時08分00秒|URL|ドンタコス下僕 #TTox3gbU|編集Λ

海外で食べる、日本食の貴重さ...
同じようなことを、フランス人と結婚して
向こうに行ってしまった友人が言っていたわ。
なんかね、切なくなって・・・
彼女の家に遊びに行く時、トランクの中、ほとんど
彼女への土産が占めていたっけ・・・

2012年01月15日(日)22時17分59秒|URL|ツブシオ #YG9ONXHE|編集Λ
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012年01月15日(日)22時18分53秒|| #|編集Λ

ご紹介いただいてありがとうございます~!
かなり出遅れましたが、あらっ、トリになっちゃいましたか(汗)。
大々的にご紹介頂き、お恥ずかしい限り^^;
aneさんがこの企画を始められて、すぐにたくさん写真が集まって、たくさん紹介されてたでしょう。
それを見て、ああ、日本ではみんな普通にお雑煮食べてるのねと思い、ちょっと悲しくもなったのです(笑)。
でも!何とか作ることができて自分でも超ハッピーでした♪
藩で考えたのは、うち、佐賀東部は県内の他の地域とちょっと違うところがあるからでした。
方言も、いわゆる佐賀弁というのは鍋島藩の言葉であることが多く、うちの方はちょっと違います。
うちの母が以前入院した時、対馬から来た人と同室になり、方言が一緒でびっくりしたと言ってました。
やはりこれもその昔同じ藩だったことに由来するのかなあ、と。
日本の地方文化、おもしろいですね。

今回aneさんがこの企画をやってくれなかったら、さらに長いことお雑煮とは縁のない生活だったかも…。
いい企画をやってくれてありがとう!!!

2012年01月15日(日)22時25分36秒|URL|alpenkatze #6fcXaNLA|編集Λ

やばい。なんだか私まで泣けてきた。。。
食べ物の記憶ってすごいですね。
そしてalpenさんのお雑煮も見た事がないお雑煮でびっくりです。
スルメでお出汁?!しかもそれにお砂糖をかける?!@@
お雑煮ひとつでこれだけ笑えて、感動するとは思ってもみませんでした~。
anemoneさん、みなさん、ありがとうでした(^▽^)

2012年01月16日(月)07時56分46秒|URL|ぴこ #-|編集Λ

anemone さんの解説で、あらためて感動だわぁ。
alpenkatzeさんのお雑煮物語、おおとりを飾るにふさわしい内容でしたね。

うーん、水が違うのかーー。最近じゃお醤油さえもあまりおいしく感じなくなってきて困ったものです。夫の好みに引っ張られてしまうので、ますます和食離れの年明けになってしまいました。来年は参加がんばるかなぁ(気が長い。笑)。

2012年01月20日(金)08時46分37秒|URL|Morning Beauty #FvLIUmYM|編集Λ
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://anemoneinusa.blog29.fc2.com/tb.php/804-71de0e80

profile

anemone

Author:anemone
アメリカのど田舎に
ワタシ、anemone
夫、トーさん
愛猫、みこちゃん
   (尻枝の君、巡査部長)
1にゃん2ヒトで
暮らしています

尻枝とは?

みこちゃんってこんなです♪

旧ブログはこちら


ポチっと応援お願いします♪
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ


トホホギス バナー1
  猫頭など バナーは3匹目さん作
 


いつでも里親募集中




freearea
entry
comment
form
fc2counter
freearea
尻枝さん mam作
category
calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
freearea
作品ブログ
vl6O4xQsCuDy7Ju1395188543_1395188753.jpg
freearea
恋みこ
freearea
エツコの園バナー
freearea
パンダ語録バナー
link
このブログをリンクに追加する
freearea
mikoroomba_anime_minimini.gif
formmail

名前:
メール:
件名:
本文:

freearea
freearea
archive
freearea
miko a
Λ
copyright
Author by anemone

Designed by マンゴスチンw

Λ
美味しいものが食べたい in USA